気になっていた熱帯魚の飼育を始めました 可愛い魚たちに癒されています

一人暮らしの私は仕事を終えて帰宅しても部屋が真っ暗。誰も居ない寂しさを紛らわすためにペットの飼育を考えたのですが犬や猫をお世話する時間はありません。うさぎやハムスターも考えたのですが飼育が大変そう・・・。

何よりアパート暮らしで近所の目もあります。そこで候補に挙がったのが熱帯魚です。熱帯魚の飼育経験などありませんが魚なら小学生のころに学校でメダカを飼っていたので何とかなりそうです。

いろいろリサーチ

熱帯魚って沢山種類があって大きくなるものや超高級なのも居て驚きです。私が見たことのある熱帯魚は小さくて綺麗なネオンテトラやエンゼルフィッシュ位でしたから。飼いたい魚に合わせて水槽などの設備も必要になってきます。

本来、飼いたい魚を選んでそれに合わせた設備を整えるのが良いのでしょう。私の場合、一人暮らしのアパートという生活から判断して飼える魚が限られてきます。大きくなる魚を飼いたくても大きな水槽を置いたら私が生活できません。そこで、初心者向けにセット販売されている60cm水槽を買う事にしました。

水槽購入

早速、近所のホームセンターで60cm水槽の熱帯魚飼育セットを購入。水槽、上部濾過装置、ライトの3点セットです。熱帯魚はこの他に温度管理をしてくれるヒーターが必要となるのでこちらも購入。

水槽に水を入れるだけだとなんだかいけすのようです。そこで、綺麗な茶色の砂利も購入しました。そのほかに黒っぽい大きな石、小さい石を3個ずつ購入しました。

作る楽しみ

早速家に帰って水槽のセットです。砂利を綺麗に洗って水槽に入れて水を入れます。試にライトをつけてみたのですが綺麗!ただ、なんだか寂しい感じです。なんだかワクワクしますね。

先ほど購入した大きな石を背面に並べ手前に小さな石を並べます。先ほどまで殺風景だった水槽が一気に自然に近づきました。ただ、まだ温かみが感じられません。急いでホームセンターに戻って水草の購入です。

店員さんに相談して初心者でも育てやすいアヌビアス・ナナという水草を購入。そして流木に貼り付けられたウィローモスという水草も購入です。水槽に入れてみるとまるで水の中を覗き込んでいるかのようなダイナミックな自然が再現されました。これ、危ない世界です。レイアウトいじるだけで十分楽しめます。

魚の購入

本来、水槽を設置してから濾過バクテリアという微生物が繁殖するまで魚を入れることが出来ないそうです。ここはぐっと我慢です。1週間ほど水を回していざ、魚の購入です。初めは強い魚を入れてさらに水質を安定させると初心者でも上手くいくと聞きました。

そこでアカヒレという魚を20匹購入しました。袋のまま水槽に浮かべて30分ほどしたら少しずつ水槽の水を入れて魚を水槽に放ちます。水合わせと言うらしく水質のずれを調整してあげないと魚が弱ってしまうそうです。

たった20匹の小さい魚が入るだけで水槽が楽園のように見えますね。それからまた1週間後に欲しかったネオンテトラを30匹とコリドラスという掃除用のナマズを3匹購入。

アクアライフ最高です

帰ってきて玄関を開けると真っ暗な部屋の中にポツンと光る水槽。なかは魚の楽園です。もう寂しさなんて感じません。水槽の前に立つと餌をねだって魚たちが寄ってきます。

最近は、真っ暗な部屋で水槽のライトだけ点けてぼ~っと眺めています。熱帯魚がこんなに癒し系とは知りませんでした。アクアライフ最高です。

初心者の私ですが、今の時代、多くの情報がネットで集まります。そのため、上手に熱帯魚の飼育を始めることが出来ました。時間が無いけどペットに癒しを求めたい方には熱帯魚をお勧めします。