福島への旅行に行ってきた!そこで考えたふるさと・福島について

私の地元は福島です。そんな福島に彼と一緒に旅行をしてきました!東京駅から東北新幹線に乗って、郡山駅で下車。駅の中のカフェで少し落ち着いたら、磐越西線に乗って会津若松への旅です!

以前は旅行会社のフリープランを予約しました。指定席の新幹線代と、ホテルの宿泊代がついて一人16,000円ほど!2人合わせて3万円、自分で手配したら、もっとかかってしまいますよね…。

旅行に行くことが好きなので、いつも旅行のために節約生活をしています。今回は彼が珍しく三連休をとれたので、ここしかチャンスはない!と思い、福島旅行を決行しました。

郡山から会津まではW切符が使えるのでとってもお得ですね。福島に住んでいる頃からよくお世話になっていました…。2人合わせて4,000円ほど!往復ですよ!もっと素敵な気分になりたい人は、フルーティアもおすすめですね。

郡山から会津までは意外に時間がかかるのですが、外の景色を見ているとすぐ!雪が少し残っていたので、都会育ちの彼は大興奮でした。最近は都会の電車に慣れていたからか、久しぶりにこの景色を見て、嬉しくなりました。

会津について、周遊バスで色々な場所をめぐりました。鶴ヶ城、飯盛山、さざえ堂、七日町周辺などなど。本当は、夏だったら大内宿に行きたかったのですが、冬の今回は断念。今度は会津鉄道の旅もしたいですね!時間があったら、浅草から乗り継ぎの旅もいいかな、と思っています。

会津は思ったより観光客が多くて、「さすが福島の有名観光地!」と思いました。外国の人も思ったより居ましたね。お蕎麦も食べたし、ソースかつ丼も食べました。会津のお土産はやっぱり、太郎庵の天神様ですよね!

帰りはあっという間で、段々と新幹線から見える景色に、ビルやマンションが多くなっていく様子を静かに眺めていました。この景色も好きだけれど、やっぱり私は、田んぼや畑が広がって、昔ながらの赤や青の大きな屋根がついている家が好きです。

野菜も果物も、福島のものはやっぱりおいしいし、酪王カフェオレもままどおるもエキソンパイも、いかにんじんも、あんぽ柿も大好きです。福島を離れた人って、福島への愛情をしっかり持っている人が多い気がします。
私の周りの話ですが。

SNSで、福島に対してマイナスな、そして過激な発言をしている人をよく見かけます。
そういう考えが出て当たり前、でも、福島を愛している人がまるで誰も居ないかのようにマウントをはっている姿は、見ていてつらいものがあります。

私は今後、彼と結婚して、福島を離れたままでいるかもしれません。もしかすると、彼とひょんなことから福島で暮らすことになるかもしれません。福島の女は結婚できない、なんて噂になっていた時期もありましたね。

いつか、私を育ててくれた福島への感謝、お礼ができればいいと思っています。その手っ取り早い手段が、福島への旅行なのかな、と考えています。私は、福島で育ってよかった。都会に出た今、心からそう思います。